日本語教師アシスタントのボランティア

私は、学生時代の英語の授業のALT(Assistant Language Teacher)が羨ましく思っていました。
私も機会があれば、やってみたいなと思っていたところ、ワーキングホリデーでオーストラリアに行った際ボランティアで出来ると分かり、働けなくなるので、お金を貯めて挑戦することを決めました。
私の場合、高卒で、日本語能力検定も持っていなかったので、信用性も無いことから、個人で探すのは難しく、滞在期間も残り少なかった為、
エージェントに登録し、お金を払ってボランティア先を探してもらい、紹介してもらいました。
体験者の話を読んで分かったことは、楽しい思い出になった方もいれば、驚いたことに、辛かった体験となった方が多い事でした。
辛い経験になった方は、語学力が乏しくコミュニケーションが上手くとれないことからストレスがたまり、さみしい思いをしたことや、勉強しておけば良かったと後悔した事、全員ネイティブの環境から逃げ出すことが出来なくて辛かった、子供達に相手にされなかった、などが多くあげられていました。
体験談の話を読むにつれて、不安を感じました。
けれど、ここまで来たら、後には引き下がれないし、逃げ出せない環境で必死に頑張ろうと思いやってみる事を決意しました。

私の行った学校は、女子校でした。
ありがたいことに、私の感じた不安はすぐに消え去りました。
私の短所の子供っぽい所がいい方向に働き、皆無邪気に仲良くしてくれました。
人見知りな子も中にはいましたが、最後には皆と仲良くなれました。
私は勉強が苦手ながらも、英語を必死に勉強していた事と、皆が私のつたない英語を聞こうと優しく接してくれてたおかげで、英語は伝わりました。
私達が日本で習う英語はアメリカ英語が多いので、私はオーストラリアの発音を真似て話していました。皆喜んでくれました。
オーストラリアは私達が英語を学んでいるように、日本語とドイツ語を学んでいます。日本が好きな生徒も多くいました。
日本ではアイドルだけじゃなく、おじさんがキャラクターになるから凄い、電化製品は素晴らしい!誠実な人が多いといってくれて嬉しかったです。
その一方で、日本の恥にならないように、迷惑かけないようにと、言動と行動には注意しました。
大袈裟かもしれませんが、日本人はこうゆう人だと、私の軽率な行動で思われてしまう事もあるからです。

皆が必死に日本の事を知りたいと私に色々訪ねてくれたり、皆の日本語が上手くなっていくのを間近で感じ、とても嬉しかったです。
ですが、勉強嫌いな私は、聞かれても答えきれない事も多くあり、そんな時はインターネットで調べて答えました。日本人なのに日本の事を知らなさすぎる事を痛感し、反省しました。
皆が知りたいと思ってくれる事がこんなに嬉しく感じるとは、勉強嫌いな私には驚きでしたが、とても嬉しくて、必死な皆に応えようと、私に出来ることはなんでもやりました。なまけぐせのある私がまさかこうなるとは思いもしませんでした。

皆のお陰で、私は日本がもっと好きになり、日本について勉強するようになりました。

正直無償で働くボランティアに今まで興味が無かったのですが、給料をもらう以上に嬉しいこと、仕事以上に学んだ事が多く、充実感や達成感を感じ、気付けば無我夢中で楽しむことが出来ました。ボランティアは素敵だなと思いました。やはりやってみないと、どう感じるのか分からないと思いました。
今でも、この体験は人生で1番素敵な経験です。皆にはいくらお礼を言っても足りないです。やってみて本当に良かったです。

Randy-admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*